たまご屋情報局

  たまごやから皆様に耳寄りな情報やお役に立ちそうな情報を発信するページです

食べ物を扱っている皆様にとって気にかかるのが食中毒ではありませんか。
実は食中毒の発生は梅雨時ばかりではありません。梅雨がようやく明けてもまだまだ暑さが続く夏。
まず食べ物がいたみやすく 冷たい飲み物の出し入れが多くなるので冷蔵庫の温度も
設定温度よりもいつの間にか上昇しています。

冷蔵庫に入れておいても食べる前に要チェックです。

煮物や佃煮にカビが生えていませんか?
 豆腐がすっぱくなっていませんか?
揚げ物にぬめりが出ていませんか?
賞味期間はまだまだと思っていても冷蔵庫の温度が上がっていたら大変です。
大切なご家族の健康のため冷蔵庫内の温度に気を配りましょう! 

食中毒から身を守るためにできる大切なこと
 

1.調理の前に石鹸を使いていねいにを洗いましょう!
2.新鮮な食材を使い、新鮮なうちに調理をしましょう!
3.ふきんやまな板、調理器具、食器の洗浄にも気をつけましょう!
4.肉や魚を切ったまな板は洗剤をつけて必ずそのつど すぐによく洗ってから次の物を
切るようにしましょう!
さらに たまご屋からのお願い

冷蔵庫からたまごを取り出すときは必要な分だけに!
(たまごは温度の変化が苦手です。冷蔵庫内と室温の差が大きい
今の時期は特に要注意!

使った調理器具などはすぐに洗剤をつけて必ずそのつど
すぐによく洗ってから次の調理に使うこと!

(たまごは加熱をしたものでも肉や魚と同じです。)
たまごを手でさわったら すぐに石鹸でよく手を洗うこと!
(たまごは栄養豊富です。それは人間だけではなく細菌やウイルスにとっても
同じです。次にさわったいろいろなものについた細菌を気づかないうちに
自分の手で増殖させては大変です。)
そして、 たまご屋からの一番のお願い

たまごは調理したてのおいしいうちに食べましょう。
割ったらすぐに調理をし、生で食べるなら割ったまま放置するのだけは
ぜったいにやめて下さい!たとえば 納豆に混ぜたりしたものを
冷蔵庫に入れてとって置いて後で食べたりしないで下さい!

たまごは一個一個がニワトリ一羽一羽からの大切ないただき物です。
たまご屋は割れないように大事に少しでも早めに
皆様のお手元に届くようがんばっていますので、
これからもよろしくお願いいたします。

Top 鶏卵牧場ビデオ 鶏卵牧場の写真 生産情報 こだわりたまご たまごQ&A
おすすめのお米 たまごかけご飯 千葉鶏卵センター 会社紹介 Topics 情報局 2
Copyright(c) Chibakeiran Center Co.,Ltd. 2006